リモートコントロールISL Online/アイエスエル・オンライン

ワンタイム+常駐接続で使える
リモートコントロール

リモートコントロール市場 シェアNo.1

ISL Onine製品版、体験版をご利用の方

ログイン

ワンタイム接続用モジュール

その他のプログラム

  オペレーター用 クライアント用

FAQ・マニュアル

メニュー

ネットワークに関する質問

質問

Q:クラウドライセンスで通信に使用するポートは何番ですか?
Q:クラウドライセンスでファイアウォールやプロキシサーバーの設定変更は必要ですか?
Q:リモートコントロールツールの接続方式について教えてください。
Q:ISL Online製品が使用しているサーバーのドメインを教えてください。

Q:接続にはどの程度の帯域が必要ですか?
Q:接続される側がデュアルディスプレイの場合、どのように表示されますか?
Q:使用するポートによってパフォーマンス(セッション中のスピード)に差はありますか?
Q:通信の暗号化の仕様を教えてください。

Q:クラウドライセンスでセッションが一定時間切れた場合、その接続は回復しないのでしょうか?

回答


Q: クラウドライセンスで通信に使用するポートは何番ですか?
A: 外向きのTCPポート7615(ISL Online専用)、ポート443(https)、ポート80(http)のいずれかを使用します。アクセスする順番は7615、443、80となります。
詳細につきましては、通信環境をご参照ください。
ISL Light Desk/Client 4で使用するポートを指定する場合は、こちらをご参照ください。

Q: クラウドライセンスでファイアウォールやプロキシサーバーの設定変更は必要ですか?
A: ブラウザでインターネットにアクセスできる(TCPポート80、もしくは443がオープンになっている)環境であれば設定変更は不要です。ただし、ファイアウォール、フィルタリングソフト、セキュリティソフトなどで通信の制限をかけている場合は設定の変更が必要となる場合があります。

なお、プロキシサーバーを使用している環境でISL AlwaysOnを利用する場合には、プロキシの設定を行う必要があります。設定方法につきましては 常駐接続(ISL AlwaysOn)のマニュアルをご参照ください。

Q: リモートコントロールツールの接続方式について教えてください。
A: リモートコントロールツールの接続方式としては、オペレーター端末から直接クライアント端末に接続する「P2P型」と中継サーバーを経由した状態で接続する「中継サーバー型」に分類できます。

「P2P型」のリモートコントロールツールである、Windowsリモートデスクトップ、VNCなどの場合、以下のようなデメリットがございます。(使用するソフトウェアによってデメリットは異なります)

しかしながら、「中継サーバー型」のリモートコントロールツールであるISL Onlineの場合には上記のデメリットは解消され以下のようなメリットがございます。

Q: ISL Online製品が使用しているサーバーのドメインを教えてください。
A: ISL Online製品を使用する場合には以下のドメインを使用可能な状態に設定してください。またWebフィルタリングソフトなどが導入されている環境で接続に問題が発生する際は、このドメインを除外することにより接続が可能になる場合があります。
「*.islonline.net」
なお、グリッドサーバーのIPアドレスは公開しておりません。

Q: 接続にはどの程度の帯域が必要ですか?
A: 最低56kbpsの帯域が必要となります。

Q: 接続される側がデュアルディスプレイの場合、どのように表示されますか?
A: 接続する側では、以下の画面のように2つの画面が画面が表示されます。

▼ISL Light 3の場合


▼ISL Light 4の場合

Q: 使用するポートによってパフォーマンス(セッション中のスピード)に差はありますか?
A: ISL Online専用のポート7615が一番パフォーマンスに優れていますが、他のポートとも大きな差はありません。使用するポートよりも、帯域の混雑具合がよりパフォーマンスに影響します。

Q: 通信の暗号化の仕様を教えてください。
A: ISL Online製品の通信では、AES256bitによる暗号化を行っております。

Q: クラウドライセンスでセッションが一定時間切れた場合、その接続は回復しないのでしょうか?
A: ISL Lightプログラムが終了していなければ、接続の回復が可能です。再接続可能な時間に制限はございません。


PAGETOP

他社製品をご利用中の皆様向けの特設ページを公開しました