リモートコントロールISL Online/アイエスエル・オンライン

ワンタイム+常駐接続で使える
リモートコントロール

ISL Online製品版、体験版をご利用の方

ログイン

ワンタイム接続用モジュール

その他のプログラム

  オペレーター用 クライアント用



なぜ今オンプレミス版リモートコントロールツールへの乗換が増えているのか?
~キヤノンマーケティング、LIXIL、鳥居薬品様の導入事例に学ぶ5つの選定基準とは~

なぜ今オンプレ済版リモートコントロールツールへの乗換が増えているのか?!

リモートコントロールツールは今やビジネス活動に必須のツール。多くの企業様が既に導入をされています。
しかしながら、近いうちにクラウドの流れは止まり、オンプレミスに転換していくだろうというガートナー社の予測があるように、 最近はIT環境の変化や利用人数などの拡大に伴い、クラウドからオンプレミスへ移行を検討される企業が増えているようです。

本資料では、リモートコントロールツールの接続形態や利用形態によるメリット・デメリットを明らかにし、なぜ今オンプレミス版への乗り換えが増えているか解説しています。 また、キヤノンマーケティングジャパン、LIXIL、鳥居薬品、ダスキン様など日本を代表する企業が、オンプレミス版を採用した選定基準も明らかにしています。

ご希望の方は下記フォームよりお申し込みください。送信後、ダウンロードページに移動します。

本フォームからお申込み・お問い合わせいただいた方には、お電話またはメールにて弊社取扱い製品のご案内をさせていただく場合がございます。
あらかじめ、ご了承いただいた上でのお申込みをお願いいたします。
ご記入頂いた個人情報は、株式会社オーシャンブリッジのプライバシーポリシーに基づき管理いたします。

PAGETOP